ASKA BLOG

「ファミリーボール」

今日のお仕事は特別なものになりました。

一つの仕事において、別々の会社、そして企画など、4つのことが同時に動くなんて・・・。
それぞれが、違う形で世の中に発信されることになります。

詳細は、もう少しお待ちください。

そうそう。
今朝は「詩集」の取材を受けてきましたよ。

取材をされた方の手元に見えたノートには、
文字が「押しくら饅頭」のように詰まっていました。

僕の「詩」を何度も読んで、僕の表現や単体の言葉など、
その方の琴線に触れたのであろうところを抽出して、取材に来てくれたのが分かりました。

そして、ビックリ!
お互いがビックリでした。

会話の中で出た言葉にお互いが反応したんです。

僕が北海道千歳市に住んでいたときの記憶から、
以前「Hatenaブログ」に掲載した詩があります。

「ファミリーボール」

正しくは「ファミリーボウル」だそうですが、
僕は「ファミリーボール」と記憶してしまいました。

「千歳」は、北海道の玄関です。
「千歳空港」がありますからね。

しかし、街の賑わいは、ありません。
僕が住んでいた頃が、一番活気があったのではないかと思っています。

「千歳」は、今尚「自衛隊さん」の街です。
朝方、家の前の道路を戦車が走っていたのですから。
今でも、時々はそうなんじゃないかな?

3つの駐屯地がありますので、僕が住んでいた頃は「土」「日」には、若い隊員が「駐屯地」を出て、
街に繰り出し、ひとときの「自由」を楽しんでいましたので、街には人が溢れていました。

それでも「千歳」です。
「溢れていた」というのは、当時の僕の感覚ですので、
きっと、今みなさんが浮かべられた「溢れていた」のとは、ずいぶん違うと思います。

そんな街に、ボーリング場が出来たのです。
それが、

「ファミリーボウル」

でした。

どう表現しようか・・・。
そう、千歳に「ディズニーランド」がやってきたようでした。

当時、女子プロボーラーが、大スターの時です。
そんな大流行していたものが、千歳にできたわけですから、それはもう、大変な騒ぎでした。

3〜5時間待ちなど、ざらでした。
いつ名前がアナウンスされるか分かりませんので、その場を離れるわけには行かない・・・。

中学生です。
お金などありません。
5時間待って、やっと1ゲーム・・・。
当時、1ゲーム「250円」じゃなかったかなぁ・・・。

日曜日になるのが本当に楽しみだった。
特に「冬」は、午前中にスキーをして昼から「ボウリング」。

僕は自衛隊官舎に住んでいました。
100軒以上の家が四角に建ち並んでいました。

その真ん中に、バレーコート、野球場、そして10メートルほどの山が造られていましたので、
その山に降り積もった雪で、子供たちはスキーをしていたのです。

今日、取材をしてくれた方は、僕と同じ頃に「千歳」に住まわれていた方でした。
ですので、タイトルの「ファミリーボール」に、強く反応されたのです。

僕は「新富町」。
その方は「北栄町」。

隣ですよ・・・。

「当時、大橋マーケットがあってさ。」
「知ってます!!」
「そうなんだ!?オレ、そんなに読書家じゃなかったけど、なんか本屋さんが好きでね」
「あー!!あの本屋さんですか?」
「千歳中学に下りていく坂の上の本屋さんですよ?」
「私も、いつもそこでした!!」

僕よりも5つ若い方でしたが、同じ時を過ごしてたんだなぁ・・・。
そして「ファミリーボウル」を知っていてくれたことが、本当に嬉しかった。

今、千歳に住まわれてる方で「ファミリーボウル」の存在を知っている方は、どのくらいいるのだろうか・・・。
以前、ネット検索をしても、一つも出てきませんでした。

誰も「ファミリーボウル」のことを書いてる人がいない・・・。
しかし、今日出会った方は知っていた。
いや、知っていてくれた。

あんなに千歳を騒がせた「ファミリーボウル」は、今は影も形もありません。
「ファミリーボウル」の少し後にできた「フジボウル」は、今でもあるんですよね。

今の「自衛隊員」は、駐屯地の中にお酒を飲むところが出来ましたので、
外に出て、高いお金を使って飲む隊員は少なく、千歳の飲み屋街は閑散としています。

今の若い人は「お酒」「たばこ」「麻雀」など、やりませんからね。
「土」「日」も、駐屯地から、それほど出ないそうです。

「千歳」は、自衛隊さんの街。
隊員さんが、外に出てくれたら街は賑わうんだけどなぁ・・・。

僕には、第二の故郷。
4年間しか暮らさなかったけど、やっぱり故郷意識はあります。

僕の思春期。

「ビートル(ショッパーズ)ができた」
「まるせんデパートができた」
「ボーリング場ができた」

あの頃の賑わいは、僕の中にしっかりと焼きついています。


ASKA(2019/2/12 1:24)

「ファミリーボール」のコメント

  • ニックネーム:ラッキー
    ふみばぁばぁさん、
    人に迷惑をかけなければ、
    自分なりに楽しむことが一番ですよね。
    私もガタガタです。^0^
    でも前向きなので、人に頼りながもコンサートに参加してます。
    みなさん、優しくて親切な人ばかりです。
    お互い、思いっきり、楽しみましょうね。
  • ニックネーム:ふみばあばぁ⛄️
    ラッキーさん、yuukaritanさん、
    私も体のあちこちにガタが来てますが
    頑張って行こうと思ってます❤️
    しんどくなったら座ればいいし
    ASKAさんと一緒の空間にいるだけで
    間近で歌を聞けるだけで幸せ♥️
    こんなに待ってたのに参加しないのは
    勿体無い!!
    待ちに待ったライブです❤️
    自分の楽しめる方法で楽しめばいいですよね!
    みんな、同じ年代、言い出したらきりがないです。
  • ニックネーム:ラッキー
    この時代に生まれてASKAさんに出会えて
    ASKAさんとASKAさんの歌を好きになれた事が
    幸せでラッキーな事。
    何か所も行きたいけど今は1か所だけ。
    でも1か所行けるだけでもラッキー。
    yuukaritanさん、これからもライブ、
    楽しみましょう。
  • ニックネーム:yuukaritan
    昔、育った町の風景を共有出来るって嬉しいですよね😊

    炭鉱閉山で15000人住んでた町は誰も居なくなり熊と心霊の森と化しました。

    でもね、心の中にはあの日の風景があります。
    夕焼けや雨上がりの虹や雪の夜や…

    ASKAさんの曲には故郷を思い出すフレーズが沢山あります。
    ASKAさんに会えた事がラッキー!
    ライヴで元気なASKAさんを感じれる事がラッキー!
    ねっ!😉ラッキー燦々、笑っ
  • ニックネーム:ジャスワン
    yuukaritanさんとラッキーさんへ

    違います。勘違いしないで下さい。車椅子の方の席はありますが、私は車椅子は利用していません。当日のスタッフさんとの話し合いで皆さんと同じく参加するか、着席したまま見るか直談判なんです。
    なので、着席が約束された訳ではありません。私への座席は今現在は御座いません。
    私からはこれにて最後とさせて頂きます。皆様へご迷惑をお掛けしたくありませんのでこれ以上私へのコメントはご遠慮下さい。申し訳御座いません。