ASKA BLOG

「立花孝志」さん

「NHKをぶっ壊す!」

「ASKAさんは、意味を知らないんじゃないか?」

もちろん、よく知っていますよ。
彼は、正義感の塊です。

僕の事件の時も、一見、擁護してくれていましたよね。
「擁護」と、いう言葉を使ってはならないな。

あの時の「不透明さ」について、声をあげてくれていました。

「『NHK』を、観たい人だけがスクランブルを解除して、視聴すればいい」

それに対して、否定はありません。

元「 NHK」社員です。
「NHK」に対する愛情も発言されています。

それらを良く知った上でも、

「NHKをぶっ壊す!」

は、ある種、国民を誘導する「イデオロギー」だと、感じてしまうんですよね。

立花氏が、「NHK」に出演中、「NHKをぶっ壊す!」を、発言していた時、
現場の「NHK社員」は、苦笑いさえ、できなかったでしょうね。

コメント

「どこの国の放送局かわからない」

これは「NHK」だけのことではありません。
他の放送局、そして他のメジャーなメディア・・・。

これは触れることのできない「闇」です。

災害、原発事故などが起こった日、我々は、一日中「NHK」を観ましたよね?
片時も離れず「CM」のない「NHK」を凝視しました。

「その時だけ『スクランブル』を解除して観ればいい」

それは理解できます。

しかし、高齢化社会で、その「スクランブル」の解除方法がわからないお年寄りもたくさんいらっしゃる。

デジタル放送になった時点で、誰が何の番組を観ているのか、全てを把握できます。

その中で「NHK」を視聴した時間だけ有料にし、それを請求するシステム(人員を含む)を構築することは、
時間のかかることです。

それでも、彼の言っていることは間違いではありません。

世間に、「NHK」の内情を告発したことは、大変勇気のいることであったでしょうし、
その正義感は、讃えるものです。

ただ、

「NHKをぶっ壊す!」

は、言葉を扱う者として、「過ぎたインパクト」だと感じました。

「ぶっ壊す!」

と、言わなくてもいい。

「断固、NHKの体質改善を要求する!」

これで、良かったのではないかと思った次第です。

「課金システム」

これが、お年寄りに優しい請求、そして支払い方法となれば、良いですね。

「立花孝志」さんが開発した「NHK」が映らない機械。
これが、どのくらいの価格で販売されるのかにも興味があります。

僕の代案としては、
これから発売される新世代のテレビに、それが搭載されていることが、1番の近道でしょうね。

何にせよ、時代は刻々と変化を遂げています。


ASKA(2019/8/13 10:26)

「立花孝志」さんのコメント

  • ニックネーム:taka(札幌)
    ASKAさんになんか絡んできたら、N国党本部におじゃましたらいいですかね?(^ ^)
    立花さんのエネルギーは相当なものだと思います。彼の主張は行き過ぎですが、行動力はすごいですね。
  • ニックネーム:北海道恵庭市☆里紗
    5chでASKAのこの記事の一部だけ切り取ったスレが立ってたよー(笑)、一部かよって思ったわ(笑)。全部きちんと読んでほしいね。
  • ニックネーム:kazu
    今までは正しいが、未来は変えて行く必要がありますね。
    立花さんの振る舞いなど、賛否両論あると思いますが、それも正義です。
  • ニックネーム:はるみ😎
    今日は14日未だ会報誌が届きません😭😭

    我が家は本家、田舎だから親戚が集まります💦憂鬱😅会報誌に救われたい気分です!
    群馬ここら辺雷鳴と大雨ですよ!風も強く吹いています💦
  • ニックネーム:emy
    ツイッターで怪談の話を目にして気になり遡ってみましたよ!
    リバーサイドホテル!!
    ヤバイっす=͟͟͞͞ ( ꒪౪꒪)
    どーせASKAさんの事だから
    しょうもないオチなんだろ〜◡̈⃝ ᵋ̈⃝͚
    (↑失礼極まりない 笑笑)
    なノリで見たら…

    ガチじゃないですかもぉ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)