ASKA BLOG

「ハイレゾストリーミング」がもたらす「ハイレゾ配信」への幕開け

今、別のことを書こうとして、パソコンの画面を観ながら、

「Macの画面は、本当に綺麗だなぁ」

と。

今日は「iMac Pro」で、書いています。
いつもは、リビングの「Mac Book Pro」で、ブログを書くことが多いんです。

この「iMac Pro」は、音楽制作の作業用として使うことが多いですね。
優秀極まりないパソコンです。

初代の「Mac」は、これでした。

 

モノクロでね。
Macintosh 128k

今からは考えられないほどの「スペック(性能)」でした。
それでも、当時「60万円」くらいだったかな。

それを持ってロンドンに渡り、楽曲制作をしていました。

これまで、この「iMac Pro」まで、何十台買ってきたんだろう?

その初代の「Mac」は、どうしても手放すことができず、
今は、友人ミュージシャンの「宇佐元恭一」のところにあります。

Mac信者にとっては、たまらない貴重品となっています。
あいつ、返してくれないんだよなぁ(笑)

その当時の「Mac」は、例えば、僕が、僕の誕生日の朝に電源を入れると、

「誕生日おめでとう!ASKA!!」

と、そのユーザーに向かって、デザインされた「おめでとうメッセージ」が現れていたんですよね。

もう、なんというか、可愛くてたまらないわけです。
あれは「Macユーザー」の心を鷲づかみにしたよなぁ・・・。

「Weare」では「Weareハイレゾプレーヤー」を販売しています。
今後「配信ミュージック」は、必ず「ハイレゾサウンド」になっていきます。

だってね。
これほど音が良いんですから、一度「ハイレゾ」を体験してしまいますと、
もう、これまでの音が聴けなくなるほどの違いがあります。

僕は、その「ハイレゾプレーヤー」に、「誕生日メッセージ」が現れるよう、
機器メーカーにお願いしたのですが、
そもそも「プレーヤー」には、時刻を表す機能がありませんでしたので、
そのアイデアは形にはならなかったのです。

つまりプレーヤーには「日付」を表す、時計が搭載されていなかったということです。

でも、いつか「Weare ハイレゾプレーヤー」は、そうしたいな。

元々、ここにたどり着く前には、この話を「SONY」に持ちかけていたのです。

キャッチコピーまで考えていたんですよ。

「SONY」でしょう?
なので、そのスペルから、

Success
ON
Yes
「It'a SONY

「Success on Yes. It's a SONY」

「成功はYESの元から。それがSONYだ」

「SONY」の方も、このキャッチコピーを非常に気に入ってくれたのですが、
その「SONY」の出資元の「配信サイト」は、「ストリーミング」へ、ビジネス転換を打ち出しましたので、
「SONY」との話は立ち消えました。

理由は、それだけではなく「SONY」の法務部所のコンプライアンスの壁もありました。

そんな中で、直ぐに手を上げてくださいましたのが「e-onkyo music」さんでした。
もちろん、正直に「SONY」との経緯は伝えました。

ほら、やっぱり人の気持ちとしては、

「向こうがダメだったからウチなのか?」

と、なるでしょう?
これは、当たり前の感情です。

でも、「e-onkyo music」さんは、

「まったく気にしませんよ。我が社はこれからの『Weare』に興味があります」

と、言ってくださったんですよね。

「器、でけぇ!!」

でした。

先日の企業へのプレゼンは、その「e-onkyo music」さんへでした。
代表は、僕のプレゼンを、直ぐに理解、イメージしてくれました。

「なるほど!明日からやりましょう!!」

僕の描いたストーリーが実現されるならば、世の音楽への方向は間違いなく変わる。

先日「amazon」が、「ハイレゾ」で「ストリーミング」を開始すると発表しました。

ほらね?
ついに「ハイレゾサウンド」への幕開けとなったでしょう?
そうなると「apple」「Google」も、「ハイレゾストリーミング」に移行します。
必ず、そうなります。

「そうなると『ハイレゾ配信』は、不利になるんじゃなか?」

そう、思われるでしょう?

いえ、いえ。
ここからが「ハイレゾ配信」の、強力な巻き返しが始まるんです。

「ピンチはチャンス」

アーティストと、そのファンの絆は、そんな安いものじゃない。

音楽業界の大改革が始まると確信しています。



ASKA(2019/9/1 12:47)

「ハイレゾストリーミング」がもたらす「ハイレゾ配信」への幕開けのコメント

  • ニックネーム:もも
    私もウォークマンや携帯もソニーでしたので、ハイレゾがもっとスタンダードになったらいいのにと思っていました。やはりいい音楽は贅沢な音で聴きたいです👍
  • ニックネーム:eightman
    ハイレゾは未だに聴いたことがありません。僕のカーオーディオにDSP機能があります(6年前に購入)。スタジアムとかホールとかの残響音で音楽等が聴ける機能ですが、今のカーオディオはハイレゾ音源なのですがDSPがありません。個人的にはハイレゾをDSP機能で聴けたらなあと願っているところです。
  • ニックネーム:ネコのミー
    ハイレゾのダウンロードの仕方が難しくて、まだ、出来てません。
    誰か、もっと簡単な言葉で、教えて欲しいです。
  • ニックネーム:あすかつこ
    他の方のコメントを見て

    私もfellows腕時計のガラスが割れました
    気づいたら丸々なくなってました😭

    まだ無料保証期間ということで、修理に出そうと問い合わせたら、日付型番などを記入してくださいと言われ…

    型番わからず
    また問い合わせしてみました
    返信はなく無料保証期間がすぎ…😰

    お金が貯まれば有料でも、直します
    でも、多分割れやすいんだと思います!
    改良を!
  • ニックネーム:スティーブン
    おはようございます。
    ASKAさんはweareを設立し音楽配信、ハイレゾを推進してますが、私は一度も配信を利用したことがありません。音楽はCDで聞いてます。せっかくASKAさんが新曲を配信してくれてもCDになるまで我慢してます。ですから、私はfellowsでも熱心なファンとは言えませんね。これから音楽界はASKAさんが思い描くとおりになるんでしょう。私は「応援してます」とは言っても配信を利用しないし行動に移してないのでやはり熱心なファンじゃないですね。私の応援できる範囲で応援します。