ASKA BLOG

重要なお知らせ。

今月のレコーディング終了と共に福岡に帰りました。

まだ「Terminal Melody」後の感想は、
1曲めの「MOON LIGHT BLUES」までしか書けていません。

明日には「百花繚乱」「迷宮のレプリカント」など、
楽曲にまつわったお話を書かせていただきます。

さて、先日、「Rocket Tour」のダイジェストを制作いたしました。
朝8時までかかりました。

正確には2度やり直したんですね。

自分でも、なかなか気にいってます。
良い、リリース紹介のダイジェストを制作できたと思っています。

なぜ、2度やらなくてはなかったのか。

最終チェックで「音割れ」が確認されたからです。
・・・。
6時間、パア・・・。

アルバムレコーディング中とは言えども、
あのようなダイジェストは自分でやった方が効率がいいんです。
もちろん、映像のプロと比較してそうお伝えしているのではありません。

動画を全編みてもらい、打ち合わせ。
そしてダイジェストのたたき台、修正、そして確認、完成。

そのような時間はありませんでした。
僕には、自分のライブでの観ていただきたい場面がある。

自分で行うのが今はベストと考えたんですね。

ところが、僕の元に届けられていた動画に音割れがあった。
元権利を持っていた会社からデータでもらいました。
また、その時に「Blu-ray」も渡されました。

しかし、その「Blu-ray」、
一般のデッキでもデスクを読み込めませんでした。

ここは、なぜそうなってしまっているのかはわかりません。

ただ「蛇の道は蛇」ですからね。
業界の方に、その読み込めないディスクからデータ(動画)を吸い上げ、
別の「Blu-ray」を作ってもらっておいたのです。

急遽、歌入れをヤメ、
2度目のダイジェスト制作に取り掛かりました。

完成したのが朝8時だったかな。
それはいい。
いつものことですから。

しかし、そのマスター原盤でも音が割れていた。

5.1ch サラウンドでミックスしていました。
超低域などを再現できますので、ライブ会場さながらとは言いすぎか、
そのような環境で聴くことができています。

そのマスターで音が割れていたということは、深刻です。

僕の元には、まだサンプルが届いていませんので、
どの程度の音割れなのかは確認できていません。

しかし、僕が渡されたマスター原盤でもそうでしたので、
ご購入者からのクレームは、発売前日となります今日ではクレームというより、
ディスクの障害となります「情報提供」であると感謝しています。

先ほど、デビルがブログを更新しました。
今回の出来事でのお詫びと、どの段階で音割れとなったのか究明することをお伝えしています。

ASKA(2021/4/23 1:21)

重要なお知らせ。のコメント

  • ニックネーム:AKIRA
    タワレコONLINEで予約して、コンビニ受け取りにしてて今〜コンビニで保管中なんですけど、これは受け取らずで保管期限を過ぎて返品(回収)させた方がいいんでしょうか?
  • ニックネーム:kazumi1224
    ASKAさん
    お疲れ様です。
    重要なお知らせありがとうございます。
    ASKAさん、スタッフの皆様の迅速な対応ありがとうございます。
    ASKAさん、スタッフの皆様様々な対応に追われていることお察しします。
    くれぐれもお身体無理のないように進めてくださいね❤️
    新たなブルーレイディスクを手にするその日まで心から楽しみにお待ちしてますね😉
  • ニックネーム:まき
    ありがとう
  • ニックネーム:暇人アッコ👲
    ASKAさんお疲れ様です。緊急事態宣言でましたね。
  • ニックネーム:Gamo Chan
    まだ届いてませんが未開封のままにしておきますね 良品交換までじっくり待ちます